【夫・妻との別居・離婚状態からの復縁】最も難しくしているあるものとは?

別居・離婚状態からの復縁をもっとも難しくさせているもの

では、別居離婚状態からの復縁の仕方について書いていきます。

 

別居・離婚状態からの復縁方法だなんて、大々的に書いてきましたが、

実は、具体的な復縁方法としては普通の復縁となんら変わりはないのです。

 

では、どこが普通の復縁と違うのでしょうか?
実は、このあるものが別居や離婚を状態からの復縁を難しくしているのです。

 

あるものとは、一体何だと思いますか?
思いつく限りでいいので、考えてみてください。
あなたの今の状態からの復縁は、何が難しくしているのでしょうか?
















では、答えを書いていきます。
いいですか?



















それは、復縁相手の決意なんです。

 

それだけ?
そう思った方は、何も分かっていません。

 

誰も離婚や別居なんてしたくないんです。
だって、誰もがみな幸せになりたいんですから・・・。

 

あなたもそうですよね。
もう一度、夫や妻とやり直して、幸せになりたいんですよね。
復縁相手も同じなんです。

 

幸せになりたいから、別れを選んだんです。
しかも、結婚、や同棲までしていた相手との別れですよ。

 

これには、並大抵の決意ではないんです。
多分、こんな具合に別れを決意していったのだと思います。

 

あなたのどこかが嫌になりだした。
でも、はじめはそれが言い出せず、我慢していった。
しかし、我慢も限界に達し、軽い感じで止めてほしいというようになった。

 

ですが、あなたはそれが大したことではないと、
勝手に思い込んで、直そうとしなかった。

 

仕方がなく、我慢するも、やっぱり嫌な部分が気になってしまい、
今度は、強く、文句のようなカタチで言うようになった。

 

それでも、あなたは、「うるせ〜な〜」くらいにしか思っていなかった。
この時点で、この人には口で言っても何も変わらない・・・。

 

そう復縁相手は思い出しはじめるのです。
別居や離婚を考え出しはじめたのもこの時点です。

 

ですが、実際に別れを決意するまでには至りません。
その変わり、別れの準備を始めていきます。

 

自分の住むところを探したり、仕事を探し出したかもしれません。
友人に愚痴をいっていたかもしれませんし、親に話していたかもしれません。

 

そして、準備が整ったところで、いよいよ話を切り出したのです。
これが最終形態です。

 

この時点で、はじめて事の重大さにあなたは気がつきます。
「なんでそんなこと急に言い出すんだ!」
「考え直せないの?」
「出て行かないでくれ。」

 

こうあなたは、復縁相手に言いますが、実は急に言い出した訳ではないのです。
何度も、何度も復縁相手は、あなたに言いました。

 

ですが、軽くあしらったり、生返事で聞いていなかったり、
そんな対応しかしてこなかったのです。

 

この時点で説得しても、すでに遅いのです。
復縁相手の決意は、半端なものではありません。
この決意を変えない限り、復縁はできないのです。

 

それが、どれだけ難しいかは、復縁相手の期待を裏切り続けてきた
あなたが、一番よ〜く分かっていると思います。

 

ですから、別居や離婚状態からの復縁は、復縁相手の決意が
一番厄介なのです。

 

 

 

ここまでは、お分かりいただけたでしょうか?

 

あなたは今、後悔しているでしょう。
あの時なんで、もっと聞いてあげなかったんだろう。
真剣に聞いていたらこんなことにはならなかったのに・・・。

 

そうですよね。
ですが、人間は間違う生き物だと思います。
間違いを修正して、後悔しながら生きていくのだと思います。

 

この事実を知った今でも、諦めたくない方は先を読みすすめてください。

 

そんな厄介な状態からでも復縁はできるのか?
その方法とは?
次のページで解説していきます→